> 公認内部監査人(CIA)の年収・収入 - 公認内部監査人(CIA)とは~資格試験に合格するには~
  

モンスターカレンダー

« 2009年7月 
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

公認内部監査人(CIA)の年収・収入

企業の給与体系によって異なりますが、公認内部監査人(CIA)の収入は、資格取得に対する補助
や資格手当等、インセンティブとしての奨励金が考えられます。

大まかにいえば、公認内部監査人(CIA)の年収は、500万円~1,000万円のあたりが多いようです。

ただし、どの企業のどの部署で、どのように働くかによって大きな差が出ます。

内部監査を実施する部門に配属された場合、公認内部監査人(CIA)の資格は大きなアドヴァンテージ
になるでしょう。
逆に、内部監査とは関係ない部署に配属された場合、公認内部監査人(CIA)の資格を持っていても、
年収には反映されないでしょう。

また、金融機関(銀行・証券など)における内部監査経験、システム監査経験、監査法人において
金融関連の監査を行っていた経験をお持ちの方やCIA、CISA、システム監査技術者の資格をお持ち
の方の年収は平均的なものを上回ることになるでしょう。


効率的な学習で公認内部監査人(CIA)試験に合格したい方に


<<国際ビジネス資格取得のリーディングスクール、アビタス>>

公認内部監査人(CIA)試験の合格者の中には、それまで学習経験のなかった初学者が結構
いらっしゃいます。
ほとんどが独学ではなく、資格予備校を上手に利用しています。

公認内部監査人(CIA)試験の合格率は約35~40%程度であり、甘く見てはいけない試験です。
使えるものは上手に使うのが短期合格の秘訣です。

<<国際ビジネス資格取得のリーディングスクール、アビタス>>は、試験の出題傾向を分析して講座を
設計しています。
出題頻度の高い分野から学習を進められるので、出題されない分野に時間を取られしまうことは
ありません。

さらに、支援体制も本格的で、通信講座であっても質問は受講生専用Webサイトからでき、
学習内容の不明点を解決できます。
通学なら、新宿本校と八重洲校の併用ができ、直接講師に質問もできます。
受験手続、単位取得、学習計画等、わかりにくい事柄についてもスタッフと細かく相談できます。
これなら独学よりも楽に学習を進めることができますね。

資格・講座情報満載!!詳しい資料は<<国際ビジネス資格取得のリーディングスクール、アビタス>>